毛虫による被害と対処法~庭木の伐採や草取りをしておく重要性~

ガーデニングを楽しむ~毛虫発生を抑制する庭のお手入れ法~

害虫や毛虫による被害事例

毛虫やその他の害虫の被害に悩まされているガーデニング愛好家も少なくありません。実際の体験談をチェックしてみましょう。

雑草の手入れが間に合わなくなってしまいます(30代/女性)

ガーデニングが趣味で、庭木の伐採や草取りを定期的に行なっていました。作業はしゃがんで行なうので、重労働ではありますが頑張って作業をしていました。ですが、妊娠してからは体にも負担がかかるので、庭作業は放置するようになってしまったのです。そうすると、すぐに雑草が伸びて手入れが間に合わなくなり、さらには毛虫が大事な庭木についていました。これから子供も生まれるので、毛虫などを発生させないように気を付けたいと思っています。

害虫や毛虫だけではなくヘビも出てきました(40代/女性)

親が手入れをしていた庭を受け継ぎましたが、庭木の伐採や草取りを怠ってしまったので、あっという間に庭は荒れ放題になってしまいました。何から手を付けたら良いか分からず、見て見ぬふりをしていたら、ムカデなどの毒虫に遭遇したり、毛虫も大量発生したりしてしまいました。玄関にヘビが出た時には驚き、急いで業者さんを呼びました。

家族や植物への被害を防ぐために~対処法を知る~

草取り業者に害虫や毛虫の駆除を依頼すると、徹底的に効率よく駆除してもらえますが、自分でもできる駆除法があるため参考にしてみてください。

毛虫の対処法

殺虫スプレーによる駆除
殺虫スプレーは手っ取り早く行なえる駆除法ですが、強い薬剤を使用するため、殺虫スプレーをする時には、マスクやゴーグル、手袋をきちんと装着するようにしておきます。駆除後の毛虫の死骸もきちんと取り除いておきましょう。
ピンセットなどを使用した駆除
お箸やピンセットで1匹ずつ摘まむようにして駆除していきます。捕獲したら焼却か熱湯で処理します。駆除中に毛虫が落ちてくることがあるので、肌を露出せず、手袋をはめて安全を確保して行なうことをおすすめします。
鳥のエサにする
虫が苦手で触ることも近づくことも出来ない場合は、自然の力を借りてみましょう。毛虫が発生している部分に撒き餌をしておき、鳥に餌がある場所だと認識してもらうのです。しかし、鳥に食べてもらうこの方法では、反対に鳥のフンなどの被害が出る場合もあるため注意しましょう。
TOPボタン
毛虫トラブルと対処|毛虫の発生を抑制するなら草取りと庭木の伐採でメンテナンス