毛虫を発生させないためにやっておきたい草取りと庭木の伐採

ガーデニングを楽しむ~毛虫発生を抑制する庭のお手入れ法~

毛虫の発生しない庭にするために【防草対策を行なう】

では、毛虫を発生させないようにするには、どのように庭を手入れすれば良いのでしょうか。防草対策を具体的に調べてみましょう。

防草対策の種類

防草シート
防草シートや除草シートと呼ばれる遮光性の高いシート状のものを雑草が生えてくる場所に敷いて防草します。日光を遮断すると、雑草は光合成しにくいため、生えにくくなるのです。最初に草取りをしなければいけないという手間はありますが、その後は敷くだけなので手軽です。
地被植物を植える
雑草の根っこや種をきちんと取り除いたあと、シバザクラやオキザリス、クローバーなどの地被植物を植えます。地被植物を植えることは、防草効果だけでなく、好みの植物を選ぶ楽しさや、満開の時の美観など、ガーデニングとして楽しめる要素もあります。
砂利を敷く
草取りをしたあと、砂利を敷くのも防草効果があります。直接砂利を敷いても良いですが、砂利が雨に流されたり、土に埋まったりすることで雑草が生えることにつながります。砂利を敷く前に、砂利下シート(防草シート)を敷いておくとより効果的です。また、いろんな形状の砂利があるので美観も保たれます。

草取りや庭木の伐採に関するQ&A

雑草対策

草取りや庭木の伐採は、庭を衛生的にキープするのに欠かせません。よくある質問をQ&Aでまとめてみました。

気になる料金やサービスの必要性

草取りはどのぐらいの料金がかかりますか?
草取りは、生えている量なども様々に異なるため、時間制を採用しているケースが一般的です。総額でいくらくらいになりそうか、はじめに見積もりを依頼しておくと安心です。支払う金額を決めておいて、その範囲内でしてもらうという方法もあります。土日祝などで割増料金が発生する会社はあまりありませんが、遠方などでは出張費がかかる場合もあります。
<>br
実際に庭木を見た上で伐採の必要性を検討してもらうことはできますか?
思い入れがある木であれば、伐採の必要性があるのかどうかわからないという人も少なくありません。伐採せずに他の場所へ植え替えるほか、全てを伐採せずに数本を選んで残すなど、植木のプロに相談することができます。但し、あまり知識のない業者に依頼すると、相性の悪い植栽になることもあるため、業者選びは慎重に行ないましょう。

TOPボタン
庭の防草対策|毛虫の発生を抑制するなら草取りと庭木の伐採でメンテナンス